ITごはん

ITを活用したい人、ITで何か作りたい人、そんなITでごはんを食べる人のためのブログ

【システム開発】発注者のためのテスト種類

はじめに

システム開発では、 プログラミング(コーディング)を行い、 それが想定している動作(=仕様、仕様書)と同じか、 確認するために、テストを行います。

システム開発会社は、各種テストについてよく知っていますが、 ユーザーサイドでは見慣れない人も多いので、 困惑してしまうことがありますので、 今回はそのテストの種類について説明します。

なお、ウォーターフォール型開発をベースにした場合の呼称や、 違い(切り分け)を説明していきます。

単体テスト

UT(Unit Test)と呼ばれることも多いです。 主にプログラム1つについて、動作検証するものを言います。 また、プログラム1つではなく、 モジュールというプログラムの小さなかたまり(機能)に 対するテストを指すことも多いです。

一般にシステム開発会社が担当します。

結合テスト

IT(Integration Test)と呼ばれることもあります。 単体テストの後で実施され、主にプログラムやモジュールを、 複数を接続して行うテストを言います。

一般にシステム開発会社が担当します。

システムテスト・総合テスト

ST(System Test)と略することもあります。 結合テストで検証されたプログラム・モジュール群を すべて接続し、本番環境に限りなく近い状態にした上で、 システム全体が要件を満たしているかの確認を行います。

一般にシステム開発会社が担当し、 開発側の最終確認の位置づけで行われます。

ユーザー受入テスト・運用テスト

UAT(User Acceptance Test)と略されることもあります。 システム開発会社がシステムテストを終えたシステムを、 発注サイド(ユーザー)で、システム全体が要件を満たしているかの確認を行います。

ユーザーが、業務を当該のシステムで、 運用できるかのテストを行います。

また、実際に検証を目的に、そのシステムを実際の業務に 使用してみることもあります。

これを終えると本番移行・本番リリースとなります。

さいごに

アジャイル開発や、小規模なスマホアプリ開発などでは、 単にテストと呼ぶことも多いです。 (ただし、ユーザー受入テストは、開発サイドのテストと区別することが多いです)

また、これらのテストはシステム開発会社において、 その会社のシステム開発標準(と呼ぶ方法論)や、 方言みたいな部分によって、微妙に名称が異なる場合があるので、

馴染みないなと感じたら、素直に 「どういう位置づけのテストですか」 と、システム開発会社に聞いたほうがよいでしょう。

後からになると、聞きにくくなったりしますよね。

基本から学ぶテストプロセス管理―コンピュータシステムのテストを成功させるために

基本から学ぶテストプロセス管理―コンピュータシステムのテストを成功させるために