ITごはん

ITを活用したい人、ITで何か作りたい人、そんなITでごはんを食べる人のためのブログ

【Objective-C】CocoaPodsで楽々ライブラリ管理

はじめに

Cocoa PodsObjective-C用のライブラリ(パッケージ)管理ツールです。 RubyでいうところのRubyGemsだったり、 JavaScriptでいうところのnpmなんかと同じなので、 これらを使ったことがある人は、使い勝手はほぼ同じだとおもってOKです。

インストール方法

ターミナルを開いて以下を実行です。簡単ですね。

$ sudo gem install cocoapods
pod setup

正しくインストールされていれば、以下のコマンドでバージョンが表示されます。

pod --version

使用方法

1.追加したいプロジェクトのルートフォルダ(普通であれば.xcodeprojがいるところ)の中に、Podfileというファイルを新規作成します。Profileでなくて、Podfileです。うっかりさんは間違いそうですね。 以下のように記載します。

platform :ios, '7.0'
pod 'JSONKit',       '~> 1.4'
pod 'Reachability',  '~> 3.0'

platformで、ビルドに使用するSDKのバージョンを入れて下さい。 あとはpodで、追加するライブラリを指定します。「~>」は1.4以上という意味ですね。

2.その追加したプロジェクトをカレントディレクトリとしてターミナルを開きます。そして、以下のコマンドで、Podfileに従ってライブラリがインストールされます。

pod install

3.これを実行すると、プロジェクトのルートディレクトリにアプリ名.xcworkspaceが作成されます。これは.xcodeprojの代わりのようなものなので、今後は.xcworkspaceを開くことで、プロジェクトを開くことができます。

リンク